L08084のブログ

技術記事の執筆は、祈りに近い

【JavaScript】Ionicで架空のECアプリを作成する #4 - カート画面を作る(前編)

前回の記事はこちら

ハイブリットモバイルアプリフレームワークのIonicを使って、架空のアパレルショップにおける注文アプリを作成する。

第4回目である今回は、ショッピングカートに商品を追加する処理の実装まで

  • デモ

こちらのURLで、完成版のアプリを実際に操作することができます

https://l08084.github.io/ionic-sample-shopping-app/www

  • GitHubリポジトリ

github.com

バージョン情報

Angular(JavaScriptのWebフレームワーク)ベースの、ハイブリットモバイルアプリ用フレームワークである「Ionic」を使っている

  • ionic-angular@3.9.2
  • Angular@5.2.10
  • Google Chrome バージョン: 60.0.3112.113

下準備

カート画面用のファイル作成

Ionic CLIのコマンドで、カート画面用のコンポーネントファイルなどをまず作る。

$ ionic generate page cart --no-module

コマンドの結果、下記の3ファイルが作成される

  • src/pages/cart/cart.ts
  • src/pages/cart/cart.html
  • src/pages/cart/cart.scss

ionic-storageのインストール

カート画面でストレージを使うので、下記のコマンドを実行してionic-storageをインストールしてください。

$ ionic cordova plugin add cordova-sqlite-storage
$ npm install --save @ionic/storage

NgModuleの設定

下記の対応を実行する。

  • @NgModuledeclarations: []entryComponents: []配列に、作成したCartPageを追加
  • @NgModuleimports: []配列にIonicStorageModule.forRoot()を追加

src/app/app.module.ts:

// ...省略

import { CartPage } from "../pages/cart/cart";
import { IonicStorageModule } from "@ionic/storage";

@NgModule({
  declarations: [
    MyApp,
    AboutPage,
    ContactPage,
    HomePage,
    TabsPage,
    DetailPage,
    CartPage
  ],
  imports: [
    BrowserModule,
    IonicModule.forRoot(MyApp),
    HttpClientModule,
    IonicStorageModule.forRoot()
  ],
  bootstrap: [IonicApp],
  entryComponents: [
    MyApp,
    AboutPage,
    ContactPage,
    HomePage,
    TabsPage,
    DetailPage,
    CartPage
  ],
// ...省略

実装

タブ(共通ナビゲーション)を実装する

カート画面へのリンクがないので、タブにリンクをつけて、アイコンもショッピングカートぽいのに変える。

src/pages/tabs/tabs.html:

<ion-tabs>
  <ion-tab [root]="tab1Root" tabTitle="商品" tabIcon="home"></ion-tab>
  <ion-tab [root]="tab2Root" tabTitle="カート" tabIcon="cart"></ion-tab>
</ion-tabs>

src/pages/tabs/tabs.ts:

import { Component } from "@angular/core";

import { HomePage } from "../home/home";
import { CartPage } from "../cart/cart";

@Component({
  templateUrl: "tabs.html"
})
export class TabsPage {
  tab1Root = HomePage;
  tab2Root = CartPage;

  constructor() {}
}

あとの回で、ショッピングカート内の商品数をBadgeで表現する実装も入れます

f:id:l08084:20180501164505p:plain
実装後のタブ

ショッピングカートに商品を追加する処理

商品詳細画面に「カートに1つ追加する」ボタンを押下すると、ストレージに商品情報を格納する処理を追加する。

src/pages/detail/detail.ts:

import { Component } from "@angular/core";
import { NavController, NavParams } from "ionic-angular";
import { Storage } from "@ionic/storage";
import { Product } from "../../model/product.model";

@Component({
  selector: "page-detail",
  templateUrl: "detail.html"
})
export class DetailPage {
  product: Product;

  constructor(
    private navCtrl: NavController,
    private navParams: NavParams,
    private storage: Storage
  ) {}

  ngOnInit() {
    // 商品リスト画面でタップした商品情報を受け取る
    this.product = this.navParams.get("product");
  }

  /**
   * ショッピングカートに商品を追加する
   *
   * @param {Product} product
   * @memberof DetailPage
   */
  addItem(product: Product) {
    let itemList = [];
    this.storage
      .length()
      .then(result => {
        // カート内の商品が0個だった場合
        if (result === 0) {
          itemList = [];
          itemList.push(product);
          // ストレージにボタンを押下した商品を追加する
          this.storage.set("items", itemList);
        } else {
          // カート内にすでに商品があった場合
          this.storage
            .get("items")
            .then(items => {
              items.push(product);
              const count = items.length;
              // ストレージにボタンを押下した商品を追加する
              this.storage.set("items", items);
            })
            .catch(err => console.log(`storage error: ${err}`));
        }
      })
      .catch(err => console.log(`storage error: ${err}`));
    // 商品リスト画面に戻る
    this.navCtrl.pop();
  }
}

src/pages/detail/detail.html:

  <!-- ... 長いので省略 -->

  <button ion-button full color="secondary" class="in-cart" (click)="addItem(product)">カートに1つ追加する</button>
</ion-content>

カートに追加ボタンの動作確認

Chromeのdevtool(デベロッパーツール)で確認すると、ボタンを押下した商品情報がionic-storageの中に格納されていることがわかる。

f:id:l08084:20180501173923p:plain


次回の記事