L08084のブログ

技術記事の執筆は、祈りに近い

【JavaScript】return なしでもPromiseはメソッドチェーンできる

はじめに

then関数に新しいPromiseオブジェクトを返す機能があるので、then内でPromiseをreturnする処理を書かなくても、Promiseはメソッドチェーンが可能だということを最近知ったのでメモ。

Promiseチェーンの色々な例

はじめにで述べたことを理解するために、色々なタイプのPromiseをメソッドチェーンで繋ぎます

returnなし

then()内でreturnしない場合でも、thenが新しいPromiseを返してくれるのでメソッドチェーンが可能です

// new Promise(resolve => resolve()) と同じ
const promise = Promise.resolve();

// 実行結果
//    A
//    B
//    C
promise.then(console.log('A'))
       .then(console.log('B'))
       .then(console.log('C'));

returnあり

チェーンの次の処理に前の処理の結果を渡したい場合は、then()内に渡したい値をreturnする処理を書く必要があります。
returnした値はthenの機能でPromiseオブジェクトに変換されるので、数値や文字列だけでなく、オブジェクトでもPromiseでもどの値を返しても、Promiseはメソッドチェーンが可能です

数値を伝搬するPromiseチェーン

数値をreturnで次の処理に渡しています。returnした数値はthenの機能でPromiseオブジェクトに変換して渡されます

// new Promise(resolve => resolve()) と同じ
const promise = Promise.resolve();

// 実行結果
// 6
// arrow functionを使っているのでreturnは省略されているが、
// 実際には数値がreturnされている
promise.then(() => 1)
       .then(value => value + 2)
       .then(value => value + 3)
       .then(value => console.log(value));
Promiseを伝搬するPromiseチェーン

PromiseをPromiseチェーンを使って次の処理に渡すこともできます。
次の例では、戻り値がPromiseのサードパーティ製ライブラリのメソッドをreturnしています。

// 戻り値がPromiseのメソッド
this.keychainTouchId.isAvailable()
    .then((res: any) => {
        // 戻り値がPromiseのメソッド
        return this.keychainTouchId.has(BioAuthService.KEY_A);
    }).then((res: any) => {
        // 戻り値がPromiseのメソッド
        return this.keychainTouchId
            .verify(BioAuthService.KEYCHAIN_KEY, `ロックを解除してください`);
    }).then((res: any) => {
        this.password = res;
        // 戻り値がPromiseのメソッド
        return this.storage.get(BioAuthService.KEY_B);
    }).then((res: any) => {
        this.userId = res;
        const params = {
            loginId: this.userId,
            password: this.password,
            deviceToken: null
        };
        this.action.login(params);
    }).catch((error: any) => {
        // catchは一つでよい
        console.error(error);
    });

結論

何も考えずにthenでつないどけば、Promiseはメソッドチェーンが可能

参考サイト

JavaScript Promiseの本

Promiseを使う - JavaScript | MDN