l08084のブログ

技術記事の執筆は、祈りに近い

IonicをAndroid/iOSでビルド・パッケージ化

毎回やり方を忘れるので書きました...PCはMacです。Ionic以外のハイブリットモバイルアプリフレームワークでも概ね同じ手順になると思います。

バージョン情報

今回ビルドするアプリでは、Angular(JavaScriptのWebフレームワーク)ベースの、ハイブリットモバイルアプリ用フレームワークである「Ionic」を使っています

  • Android端末: Nexus6(Android 7.1.1)

  • iOS端末: iPhone 8 plus(iOS: 11.1.2)

  • Android Studio: 3.1.1

  • ionic info コマンドの結果

cli packages: (/usr/local/lib/node_modules)

    @ionic/cli-utils  : 1.19.2
    ionic (Ionic CLI) : 3.20.0

global packages:

    cordova (Cordova CLI) : 8.0.0

local packages:

    @ionic/app-scripts : 3.1.8
    Cordova Platforms  : android 7.0.0 ios 4.5.4
    Ionic Framework    : ionic-angular 3.9.2

System:

    Android SDK Tools : 26.0.2
    ios-deploy        : 1.9.2
    ios-sim           : 6.1.2
    Node              : v8.1.4
    npm               : 5.6.0
    OS                : macOS High Sierra
    Xcode             : Xcode 9.3 Build version 9E145

Environment Variables:

    ANDROID_HOME : /Users/user-name/Applications/android-sdk-macosx

Misc:

    backend : pro

ビルド手順

プラットフォーム作成(Android/iOS共通)

  1. node_modulesplatformsplugins配下を全て削除する

  2. ターミナルを開いて、プロジェクト直下に移動

  3. $ npm iコマンドでnpmライブラリをインストールする

  4. $ cordova platform add androidコマンドを実行して、プラットフォームとプラグインをインストール&作成

  5. $ cordova platform add iosコマンドを実行して、プラットフォームとプラグインをインストール&作成

$ npm i
$ cordova platform add android
$ cordova platform add ios

Android

実機ビルド

Android端末でのビルド方法について

f:id:l08084:20180416170818p:plain

  1. Android Studioを立ち上げる

  2. メニューから「Inport project (Gradle, Eclipse ADT, etc.)」を選択する

  3. ビルドしたいプロジェクトのplatforms/androidを選択する

f:id:l08084:20180416171125p:plain

上のポップアップが出たら「OK」を選択

f:id:l08084:20180416171922p:plain

  1. Android端末をPCにつないで実行ボタンを選択

  2. Android端末上でアプリが起動する

パッケージ化

apkファイルの作成方法について

Android Studioのメニューから [Build] -> [Build APK(s)] を選択

f:id:l08084:20180416172415p:plain

ビルドが完了すると、👆のポップアップが出るので、クリックすると、作成されたapkファイルがFinderで表示されます

f:id:l08084:20180416172821p:plain
作成されたapkファイル

iOS

実機ビルド

iOS端末でのビルド方法について

f:id:l08084:20180406202651p:plain

Xcodeで対象アプリのplatforms/ios配下の.xcodeprojファイルを開く

f:id:l08084:20180416175755p:plain

Signingをした後、PCにiOS端末をつなぐ

f:id:l08084:20180416181720p:plain

接続したiOS端末を選択してから、実行ボタンをクリック

パッケージ化

ipaファイルの作成方法について

f:id:l08084:20180406203135p:plain

シミュレーターや実機ではなく、Generic iOS Deviceを選択

f:id:l08084:20180406203417p:plain

Xcodeのメニューから[Product]->[Archive]を選択(Archiveが選択できない場合は、Generic iOS Deviceが選択されているかをチェック)

f:id:l08084:20180406204224p:plain

Exportを選択した後、設定に応じて選択肢をクリックしていくと、ipaファイルが作成されます

関連サイト

【Ionic, Cordova】カスタムプラグインを導入した時のiOSビルド手順 - l08084のブログ

【Xcode】iOSアプリをネットワーク経由で配布する - In Houseビルドの方法 - l08084のブログ